2020年5月 第1回インドでヨガ資格取得ツアー募集開始

1ヶ月のハワイ、バリ島と真夏の海外での養成指導が終わって日本に帰ってくると暑い日は終わってかなり寒く?!なって来ました。新潟の自宅ではすでにストーブをつけておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

日本国内および、ハワイ、バリと世界中で全米ヨガアライアンス200時間養成コースを開催しておりますがこの度、来年2020年5月にヨガの聖地、インドリシケシでのRYT200ヨガ講師養成コースを開催することになりましたのご報告致します。

ハワイ、バリの養成告知に埋もれてしまっている感があったので再度ここにご案内致します。

今回のインド養成コースにはいくつかの他校にはない特長があります。

1、日本の旅行社の主催ツアーなので初めてのインド旅行でも安心で楽チン どなたでも参加しやすい!

全て丸投げ ビザから飛行機、宿泊、現地サポート、アテンドまで料金に含まれているので自分は何をしなくても良い、これ以上プレイベート使い以外は経費も掛からないのが楽です。バリやハワイは日本人観光客も多く、個人旅行も簡単ですがリシケシはインドの奥地。やはり手慣れた旅行社に丸投げした方が安全、安心ではないでしょうか。多くのインドでのヨガ養成は現地集合、現地解散が基本ですので、それと比較すると初めてインドに行く方には特に参加しやすいものとなっています。

2、講師が日本人のKen

インド人によるヨガは本場とは言えますが、そのスピリットの面からは良い経験と言えると思います。一方でヨガの伝統では肉体はスピリットの乗り物で車のようなもの。壊れたら新しいものに買う!というようように肉体を大切に怪我をしないようにヨガをするという発想が基本的にはありません。あったとしても時代遅れのものであったりします。

当校の講師、私Kenは世界で最も新しく、健康なアメリカからのヨガ、BOWSPRINGのメソッドを基本にしたヨガをお伝えします。質の高いヨガです。ヨガ指導初心者の200時間養成生が学ぶなら誰よりもシンプルにわかりやすく理解できるヨガを日本人の私から直にインドでも学べるということが大きなメリットです。

3、一方でスピリットは各種アシュラムでインドの先生から学ぶ

他方、スピリットの面はリシケシの様々なアシュラム訪問して本場インド人講師から学ぶ予定です。肉体を現代医学に基づきながら学び、精神はインドの伝統から学べる。まさに一石二鳥のコースと言えます。

4、基本をインドで学び、細かい部分は帰国後日本の通学コースやオンラインで深めます(無料での自由参加サービス)

200時間に必要な基本をインドで学びます。RYT200に必要な部分は履修し資格を得るに必要な部分を深くインドで学んだ後、広く各種クラスが開催できるように日本現地での通学コースまたはオンラインでのコースが無料サービス付きとなっています。最終的にインド参加の金額で9種ヨガ講師資格が取得できます。

一言で言えばインド初心者でも安心の日本からの完全パッケージ 丸投げヨガ資格取得ツアーです。飛行機からアシュラム、授業料の全てが込みでこの内容ですのでインド初めて、ヨガ初めてでも安心して本格的なヨガをインドで学ベる養成ツアーと言えるでしょう。しかも年内は早割で先着10名さま100,000円引きです。

お早めのお申し込み、お問い合わせをお待ちしております。

 

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。