マインドフルネス瞑想の勧め

最近、ある勉強会で学んだ朝時間を有効に活かす

「モーニングメソッド」を続けています。

朝60分の過ごし方で人生が好転するというものです。

 

5分間の瞑想

5分間のアファメーション

5分間のイメージング

20分間の読書

5分間の日記

20分間の運動

 

というものです。この中で私は瞑想はマインドフルネス瞑想と

運動はマインドフルネス運動のBOWSPRING YOGAを行っていますが

とても毎日調子が良いです!

 

この勉強会に参加されている方はヨガとは全く関係のない方ばかりなので

ビジネス一般の世界でも瞑想やヨガが日常的になって来ているのだなあ、

と実感しています。

マインドフルネスヨガと瞑想を指導させていただいているものとしては、

どうせ行うなら正しいものを学んで、有効に時間を費やしていただければと感じております。

肉体の運動がBOWSPRING YOGAであり、心の運動がマインドフルネス瞑想ですが、

何事も正しく行わないと怪我をしたり、身体と心を痛めることに繋がります。

どんなに優れた薬も正しく服用しないと毒になりますよね。

 

ということで、今日は正しいマインドフルネス瞑想を皆さんにご紹介しようと思います。

まずはこちらの動画を見ていただきて実際に瞑想を体験して下さい。

 

【マインドフルネス 瞑想】気持ちが軽く、ポジティブになる10分間

→ https://www.youtube.com/watch?v=cZCCcGyWtbQ

 

いかがだったでしょうか。この動画は「Perfect Change 90」という

90日間瞑想プログラムで使用する瞑想の体験版の10分間瞑想です。

薬の服用方法と同様に、瞑想にも正しい方法があります。

ガイドのままに行っていても良いのですが、

瞑想テクニックや方法を学ぶとその効果も向上します。

瞑想は自分自身が経験することでその効果を実感することができます。

そしてその経験が自信となって他の人へ伝授しやすくなります。

 

まずは瞑想を正しく経験していただき、その後、

瞑想の効果を多くの方に伝えていただければと思っています。

 

瞑想はヒトを身体的、精神的に理想的な姿に初期化してくれます。

ストレスや不安の解消、ポジティブ志向、ダイエット、仕事の効率化など、

自分が望んでいる全てのものを手に入れることができるといっても過言ではないです。

 

現在、この瞑想を学び、多くの人へも伝えていこうという

瞑想講師養成講座を開催しておりますが、好評につき、

第2期平日コース、第3期土日コースを来年、開催することに致しました。

 

瞑想に興味があるが全く未経験の方から、

瞑想経験者、ヨガ講師の方までどなたでも楽しんでいただきながら、

瞑想の指導テクニックまでを習得できるコースです。

 

この機会に是非ご参加ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

マインドフルネス瞑想講師養成講座

→ https://www.livewell-institute.com/perfect-change-90

 

また、来年は東京の極秘アーバンリゾートホテルでの2泊3日で

ヨガ講師資格RYT200を取得するというリトリート型のイベントも開催いたします。

この特別イベントについても動画でご紹介していますので

まだご覧になっておられない方はこちらをご視聴ください。

 

【ヨガ資格 RYT200】海外より東京のアーバンリゾートホテルで豪華に取得!

→ https://www.youtube.com/watch?v=PCfsaF05ekM

 

さらに、詳しくはこちらのサイトをご参照ください。

https://info458795.wixsite.com/website-43

 

今年もあと1ヶ月少しとなりましたが、

来年以降、よりマインドフルを身体や心に意識する生活スタイルが定着していきそうです。

 

マインドフルネスはそもそも禅から来ているものです。

私たち日本人にはもともと身についていたものですが、

慌ただしい現代社会の中で忘れらてきたものです。

新しい年に、この機会に是非、学びを深めて

私たちの本来の力を取り戻して参りましょう!

 

ではまた。


YouTube番組登録もお願いいたします!

 

時代の最先端のヨガ知識を伝え、

ど素人からカリスマヨガ講師になる方法

yogakenTV

https://www.youtube.com/channel/UCXv65t4Z-srUiKXRGVrCoyQ?sub_confirmation=1

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。