ヨガで言う正しい共感、同情の方法

今日はBowspring Yogaの中から共感に関してお話ししていきましょう。

Bowspring Yogaは2012年にアメリカで生まれた今までのヨガとは全く違うヨガの流派です。デジー・スプリンガー氏と、アヌサラヨガの創始者でもあるジョン・フレンド氏によって構築された世界で最も新しいヨガの流派です。今までのヨガとは全く違う新しい哲学や最も最先端の医学に基づいたアライメントの原則を使ってポーズを行うヨガです。

 

このBowspring Yogaでは3つのコンセプトが重要であると説いています。それは、

 

1、Accountability 責任感

2、MIndfulness 気がつく意識

3、Compassion 共感

 

マインドフルネスは比較的今、ビジネス界でも使われるようにあって流行でもありますが、その他の2つは日本人には馴染みがない言葉だと思いますし、日本語訳として該当する適切な日本語がそもそもありません。全く新しい概念です。

マインドフルネスには関しては以前動画で説明させていただいていますので、まだご覧になっておられない方はこちらをご案ください。

 

マインドフルネスとは→ https://youtu.be/_b6L62g88NU

 

Compassionは日本語では「共感」とか「同情」と訳せます。

 

共感というと、英語では SympathyやEmpathyという言葉がありますがこれらと compassionとは何がどう違うのでしょうか。そしてこの共感を行う上では何が大切なのでしょうか。

今回はこのコンパッションについて動画で解説をさせていただきました。

動画でご覧ください。

 

Compassion(コンパッション)とは何だろう→ https://youtu.be/V9cGbWgBSSM

 

お分かりいただけたでしょうか、コンパッションとは行動のことです。そして行動には二面性を持ち続けることが重要なのです。

 

何事にもコンパッションをもって皆さんも行動してみて下さい。

きっと人生が好転していくと思いますよ。

 

このBowspring Yoga。

来月6月1日に国内2番目のスタジオを原宿にプレオープンすることに致しました。

9月がグランドオープンでそれまではBowspringを広く多くの方に体験していただければと体験レッスンの1回1000円で、毎回通って頂けるというお得なキャンペーンを実施することにしました。

お近くの方は是非体験にいらしてください。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

Studio Bowspring Harajyuku→ https://www.harajuku.studiobowspring.com/

 

また、遠方の方はオンラインスタジオもございますのでこの機会に一度体験し、褐色脂肪細胞を活性化してみてください。

 

オンラインスタジオBow Home → https://www.bow-home.com/

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。